日々徒然。90日目。60万人が越えられないよ。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-29 : 日記 :
Pagetop

追憶-7710 第7章 救う力 act.38-6~act41-1

追憶-7710 第7章 救う力 act.38-1~5はこちらから

act.38-6 左右 凛

 それから月日が流れ、高校三年生の夏。マドカがこんなことを言った。
「私達、これからもずっとずっと一緒だよね?」
 僕はマドカが好きだ。だから一緒ではないと否定など出来ない。どんなことがあろうとも僕は否定など出来ない。
「もちろんだ」
 夏休みを終えてやっと僕はマドカの言葉の真意を知った。
 猛とマドカは付き合っていた。僕だってマドカが好きだ。そんなことは言わない、いや言えない。僕達はこのままずっとずっと一緒だ。そういう意味を込めての「もちろん」と答えていたから。おそらくふたりが付き合えば、言い方が悪いが蔑ろになってしまう僕への配慮だった。マドカの優しさだった。
 一緒ではないなんて否定したらマドカを苦しめることになる。
 そう思ったのに、これじゃあ僕は人喰らいソレロだ。
 もちろんマドカが僕を愛しているとは思ってなかったが、まさか猛と付き合うとは思ってもみなかった。僕達は何も変わらぬ関係のまま、一生楽しく笑えるのだろうと思っていた。僕はそう信じていた、それほど愚かだと気づいた。
 そしてマドカが悲しむからマドカとの約束を無下にはできない。僕はソレロのようでソレロじゃないから。ソレロみたいな結末にはなりたくないから。お互いが哀しい想いなんかしたくない。哀しいのは僕だけで十分だ。だから大学生になった今も僕はマドカと猛と一緒にいる。
 ふたりから付き合っていると面と言われたあの日、高校二年の2学期の始業式、あの時から少し僕とふたりの間に埋まらない溝ができた。
 ふたりが気づかないほどそれを僕はうまく偽装している。だから今までこの関係が続いている。
 そしてこの関係は、ずっと続く。あの日から救いはなく、今も救われることはない。
 でも僕はソレロにはならない。

続きを読む

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

2008-02-28 : 小説:追憶7710(完結) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日々徒然。89日目。最終応援者俺。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-28 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。88日目。諦めた。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-27 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。87日目。思ったんだ。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-26 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。86日目。巷の噂。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-25 : 日記 :
Pagetop

追憶-7710 第7章 救う力 act.38-1~5

「第6章 そして数は思い出す」はこちらから


第7章 救う力



■人喰らいソレロ物語

act.38-1 ソレロ

――ボクはあいつが好きだ。愛している。
 だからこそ、あいつを食べたくてしょうがない。なぜならそれがボクらの愛情表現だからだ。
 でもあいつが「人間を二度と食べないで」、そう言ったからボクはもう二度と人間を食べないと誓った。
 ボクはあいつが好きで好きでたまらなくて、そしてたまらなく美味そうでも、あいつが食べないでと言ったからボクは我慢する。
 あいつがそう言うならボクは死んでもそれを守る。
 本当は人間を、あいつを、まずは腕を引き千切り、五指をしゃぶりながら、ゆっくりゆっくり骨になるまであいつが痛がる顔を見ながら食べてやる。
その次は足だ。腕と同様に美味しく喰らってやるんだ。
 でもあいつが食べるなと言ったからそうしない。我慢するしかないんだ、ボクは。
 本当なら足と腕がなくなったあいつの腹を裂いて、今度はありとあらゆる臓器をバクバクと食べるんだ。
 もちろん滴る血は一滴足りとも零しはしない。それが地に落ちるその前に、全て飲みつくすんだ。
 でもそれができないのはあいつが食べないでと言うからだ。
 それほど好きで好きでたまらない。ボクはあいつを愛している。だから食べたい、きっとあいつは美味いんだ。でもそれができない。
 本当なら腹を引き裂いて臓器を貪り、生き血を啜ったあと、今度はあいつの頭を打ち砕いて脳みそを弄りながらドロドロになったそれを一気に飲み込んでやるんだ、頭もろとも。
 だけどそれはできない。
 その後残った胴体も全て食い尽くしてやりたいけど、それはできない。
 あいつがするなと言ったから、ボクがそれをしたくてもしないんだ。だってボクはそれほどまでにあいつが好きだから。本当は喰ってしまいたいほど愛している。
 なのに愛するあいつがそれをするなと言うから、ボクはあいつとの約束を守るのだ。愛する人を喰うというボクらの愛情表現ができない以上、それだけがボクの唯一の愛情表現だ。
 ――ボクはあいつを愛している。
 だからあいつとの約束を守る。
 だからあいつもボクを愛してくれているはずだ。
 きっと、きっとボクを愛している。

続きを読む

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

2008-02-22 : 小説:追憶7710(完結) : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

日々徒然。83日目。「おっさんでーす!」が今期の流行。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-22 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。82日目。意を決して。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-21 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。80日目。取るに足らん。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-19 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。79日目。泣く子は黙らん。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-18 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。78日目。あったら便利≠なかったら不便

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-17 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。77日目。雪とか雪とか雪とか。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-16 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。76日目。オイ、来たろう!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-15 : 日記 :
Pagetop

追憶-7710 第6章 そして数は思い出す act.37-3~10

追憶-7710 第6章 そして数は思い出す act.36-16,17 act.37-1,2からこちら

※続きの前に
act.36-6の多良部 多々良の能力が間違っていたことが判明。
能力を「Sack」から「Many」へ訂正。前後の文も多少変更。

続きを読む

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

2008-02-14 : 小説:追憶7710(完結) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日々徒然。75日目。我慢ならぬ。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-14 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。72日目。恨みっ面に鉢。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-11 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。71日目。子どもの頃、やったことあるよ。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-10 : 日記 :
Pagetop

追憶-7710 第6章 そして数は思い出す act.36-16,17 act.37-1,2

追憶-7710 第6章 そして数は思い出す act.36-10~36-15はこちら

続きを読む

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

2008-02-09 : 小説:追憶7710(完結) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日々徒然。70日目。ミードリーなread me。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-09 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。69日目。点字ブロックは道路に展示してるわけじゃない。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-08 : 日記 :
Pagetop

日々徒然。66日目。憑かれたんだ、これは。きっと。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2008-02-05 : 日記 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

語る意味を持たない何か

伊藤検事

Author:伊藤検事
メガネっこ。日記は毎日更新。
やるせない毎日とふがいない日々に、
意気消沈中。
小説の更新はここではしなくなった模様。
ネット上のどこかにあるように思えます。
たぶん。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

嘘に対する冷静なツッコミ

ブログ内検索

アクセス数

月別嘘溜置場